スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

なおこげ、猫たん、なおこげ母、みっちゃんが行く! 

今日のブログは長いです~!

6/21の日曜日、なおこげ、猫たん、なおこげ母、みっちゃん(伯母さん)で
今おこげブログのトップ記事になっている「池田のワンちゃん達」のおうちへ
行ってきました。池田さんの事を知ったのはもう7、8年以上前、もっとかなぁ…
当時犬が好きだけど飼っていなかったなおこげはネットを見れば里親募集の
記事ばかりをさまよっていました。飼いたいけど当時はおこげを迎えた時のような
勢いもなく…と悶々としていた時に見つけたのが池田さんのHPでした。
池田さんはもちろん里親募集ということもやっておられましたが、プラス援助里親さんと言う制度をとっていました。大きくなってしまうと里親さんもなかなかつかない…
だったら責任をもって池田さんが育ててくれるかわりにこのワンちゃんを
応援してくれませんか?というものでした。HPには援助里親さんを待っているワン達の写真が載っていてもちろん選んだりすることもできました。

池ワン①

HPを見つけた時からなおこげ母や、みっちゃんにもこういう活動をしてくれている
人たちがいるんだよと話していて当時はみんなで(最近もだけど…)物資をたまに
送ったりとか、あと送金したりというホントにかなり外野も外野な感じで
池田さんのことを見ていました。それでも気になって毎日のようにHPを覗いていたのですが…ここ最近本当に大変なことが重なりこれからどうなってしまうんだろうと心配でたまりませんでした…猫たんに一度連れて行ってくれとお願いしたら「いいよ」との返事。その話をするとなおこげ母もみっちゃんも一緒に行く!とのことで4人で遠征することにしました。

池ワン②

朝7時出発だ~!ということで平日と同じ時間におこげのお散歩に行きます。
この時点ではまったく気づいてないおこげ…ご機嫌でお散歩に行きごはんまで
食べ終わったのですがその後がいかんかった…
この日もっていく物資を準備したりお弁当作ったりとバサバサと動いている
なおこげ達に「もしやお出かけの予感??」状態のおこげ…もう落着かない…
置いていかれちゃたまらんとばかりに吠えまくります…涙。
猫たん号も気づかれないようにこの日は家から離れた場所に停めてもらったのに
もうバレバレ…でもおこげちゃん…今日はなおこげ父とお留守番なのだよ…
なおこげ達が出発した後も散々怒りまくっていたらしいおこげ…ごめんよ。

池ワン③

途中みっちゃんを拾い上げ、とりあえず朝マックを買いこみ車で食べる4人。
この日はあいにくの雨…猫たんの勘を頼りに現地へ向かいます。
そして地図を片手に長い道のりだったけどなんとか到着できました~!
HPを読んでて勝手に山中の一軒家を想像していたのに案外回りにいっぱい
家がある!ここにワンちゃんが100匹もいるのかなぁ…などと思いながらあたりを
見てみるといたいた~♪ケージの中や車の中にもいっぱいいるいる!!
日曜日は池田さん1人の作業の日と聞いていたのでこの広大な中のどこに
いるんだろうと一同ほうぼうに散らばって探します。
そしてなおこげはこの日やっぱりお手伝いに来てくださっていた方を発見、
そしてみっちゃんが池田さんを発見!みんな集まりご対面をしました。
この人がいつもがんばってる池田さんなのね!と感動するヒマもなく挨拶も
そこそこに池田さんのワンのお世話は続きました。
なおこげ達が動くたびにワン達は知らない変な格好(カッパ&長靴)してるやつが
4人もいる!とのことで大騒ぎ。
おとなしくしていたほうがいいかもとひとまず猫たん号へ撤退します。

池ワン④

しばらくすると池田さんが登場。
足手まといではあるだろうけど一応お手伝いを目的としてやってきた一同。
何をしたらいいか聞きながらワン達のお水運び&今回はケージの組み立てを
お手伝いすることにしました。お水運びといってもとにかく広大な池ワン邸。
なんと4000坪!そこに点在するワン達。バケツに入れてお水を運ぶのですが
本当に重労働。これを日々2人、日曜日は1人でやっているのかと思うと想像するだけで涙がでてきます。池田さんはワンは口をゆすいだりもするし、ここは冷たくてとってもおいしいお水だからワン達にいつでもキレイなお水をあげたいといってがんばっています。

池ワン⑤

そしてワン達にバケツに入ったお水を届けるために歩きまわります。
その途中お散歩もさせてもらいました♪なおこげの担当はおこげの3分の1くらいしかない黒いお母さんワンちゃん、なおこげ母はその子供。
みんな小屋がありそこにつながれているのですがおトイレはお散歩でしたいのか
いろんなところでたくさんオシッコをしていました。ひっぱらないしおとなしくゆっくり
歩いてるしなんていい子なのかしら…涙。
このお散歩タイムも気が合う子、合わない子を熟知している池田さんに教わり
そういう子達が近づきすぎないように注意しながら歩きます。
人懐っこい子はこの時に遊んで遊んで~!と飛びついてきます、かわいい…!
誰がこんないい子達捨てたりしたのよっ!!
でもこの時安物のカッパを着ていたためかなおこげのカッパは上下ズタズタに。

池ワン⑦

そして水運びが一段落すると今度はドッグランでケージの組み立てをします。
この日いくつかのケージが到着していたのですが普段1人や2人ではワン達の
お世話が最優先のためなかなか組み立てることもできません。
ということでなおこげ達はリヤカーにケージを3個積み上げドッグランに運ぶことに。
でもこのケージ1個1個がすっごい重たい~!!なおこげがリヤカーを引っ張り
片ッポを猫たん、もう片ッポをなおこげ母が支えながら運ぶのですが道が悪いわ、
重たいわでギャーギャーいいながら移動します。
そしてやっとこドッグラーン!!というところでいきなり体勢を崩したなおこげ母…
ドデカイ泥水の水溜りにビターンとダイブ…
一同心配しながらも大笑い。後々なおこげ母は「猫たんのケージの積み方が
悪いから体制崩したんだ!」とぶちぶち文句を言っていました、まぁ怪我なくて
良かったよ、まだ来たばっかりだからね…
ケージの組み立てといってもこれまたすこぶる大変で、下に大きなパネルを敷いたり、ケージの上には雨よけ日よけを作ったり、タープと固定したりと結構やることいっぱい。これがまた重たかったり虫がいっぱいいたりとでなんにせよギャーギャーやかましい一同…でもなんとかケージ3個、そして屋根となるタープの補強をすませた4人組。

池ワン⑥

出来上がりは↑こんな感じ。
おー!なんとかきっと池田さんも納得してくれるだろうモノが出来上がった~!
とホッと一息、そしてみんなの顔を見渡すと…
顔面から水がしたたってる…猫たんにいたっては髪の毛から玉のように水が…
そうだよね、雨も降ってたしねぇと思いながらも「みんな顔すんごいよ、びしょびしょ。」となおこげが言い終わらないうちに「汗だからっ!これ汗だからっ!!」と3人からの怒声が響きます…普段から新陳代謝の悪いなおこげ…汗が流れ落ちるという状況が本当にわからないんです…これ決してなおこげが1人さぼってたからとかじゃないから…最終的にはみっちゃんは長靴をひっくり返したら汗がびしゃびしゃーって出てきたくらい…みんながんばってお手伝いしたんです…
でも池田さんの足元にも及ばない…途中喉が渇いたなおこげ達、お茶を持ってきてみんなで飲みます、でも池田さんは一生懸命働いている。

池ワン⑧

とにかく池田さんには休みがない、常に動いています。
チームごとに出しているドッグランを見に行ったり、ワンにごはんを上げたり。
17歳のワンを抱っこして地面をふらふらだけど歩かせてお散歩させてあげてる。
お年寄りのワンや具合の悪いワンは車の中にいるのだけど冷房をかけて
あげに行ったりしょっちゅう気にかけてあげている…
ここにいるワン達はみんなおうち(小屋、ケージ)があり普段はその中にいます。
そして1日何回もお散歩してもらったり、ドッグランに出してもらったりと
1人や2人で100匹以上のワン達を見ているとは思えないようなお世話っぷりです。でもケージの中にいることが多いとなったら外に出してあげたいって思うもんね、妥協しないでやっている池田さんは本当にすごいです。だからきっとみんな元気いっぱいで生き生きしてるんだよね!
でも誰か住み込みででも働いてくれるといいのにね…

池ワン⑨

そして午後も2時を過ぎた頃、池田さんとお手伝いに来てくださっていた方を
忙しいだろうけどせっかくお弁当作ってきたからということで無理やりお昼にお誘いし立ったまま出来上がったばかりのケージをテーブルに食べることにしました。
池田さんは毎日ワンのお世話に追われ本当に大変な毎日を過ごしています。
いくら「かわいそうなワンを救う」という信念を持っていたとしてもそれを貫き通すことはこの状況ではとても難しいことです。
池田さんはいつもHPでも気丈に振舞っていたし私達がお邪魔している時も本当に
明るくサバサバしていてとても力強く見えます。でも夜はたった1人になってしまったりそれ以外にもこれからのことを考えると心細くなってしまうこともあるでしょう…
そういうところが垣間見える時があるのです、私達にいったい何ができるのだろうと
考えこんでしまいますがそんなこと今考えたってしょうがないもんね…
私も決して近くには住んでいないしおこげもいるから何回もお手伝いに行くことも
出来ないし、できることにも限界があります。
でも私達に出来ることもあります…ここは犬ブログ…
絶対に自分のワンは責任を持って生涯を共にする…これだけでもかわいそうな子を
減らすことができます。池田さん達のようなかわいそうな子達を育ててくれる人の
労力だって減るはず…

池ワン⑩

今回は3匹のなおこげ達が一番時間を共にしたワンコを紹介しようと思います。

この子は「ポテトちゃん
農家のおばちゃんの持ち込みだそうです、この子は目が見えないのです。
瀕死の状態で池田さんのところへ持ち込まれましたが今ではとっても元気になりました。目が見えないのにちっとも物怖じしない天真爛漫でとってもかわいい子です。(ポテトちゃんの記事ぜひ読んでね!)

池ワン⑫

この子は(トラ柄のほう)「リキちゃん

池田さんのところから新しい里親さんのところへもらわれていきましたがすぐ行方不明に…約2週間の池田さんの必死の捜索の末、池田さんのところへ戻ってくることができました。(リキちゃんの記事もぜひ読んでっ!)

池ワン⑪

そしてこちらが「ジャンボ
リキちゃんの捜索中に縁あって池田さんのところへ…
この子は迷子になっているところを保護されたのだけど…飼い主さんから捜索願も
出ていなかったみたい…黒ラブ(mixかな?)のジャンボは大きいけど(36キロ!)
とっても人懐っこくていい子。途中ジャンボの周りでごはんを食べていたなおこげ達。食べ物がほしくてそばにやってきたジャンボ…お座りをしながら見つめてきます。これって絶対人に飼われてたんだよね…涙が出そうになりました。(ジャンボの記事だって読んでほしいっ!)

今回池田さんのところへ行き、いっぱい写真におさめてブログを書こうと思っていました。でもブログに載せた写真は見ての通り草もすごく生えていたり片付ける暇のないゴミだって結構ある…
こういう写真を載せると普通の人はどう思うかなぁとも思ったけれど今の現実をお伝えしたくて今回載せることにしました。
できることなら草も刈ってあげたいしゴミだってどうにかしたい…
このゴミは軽トラ10台分以上の量とのこと。そのゴミを専門業者に依頼するとなると1台で2万はかかるらしい…現実問題その費用もない…
なんかいい考えないかなぁ…
これから夏になって体力の消耗だって今までなんかと比べ物にならなくなる…
どっかにお手伝いしてくれたり働いてくれたりする人いないかなぁ…涙。

物資等ももし出来たら応援してあげていただけたらと思います。
今回も犬を捨てにきたりする人が来たりもするらしいので詳しい住所等は
書けませんがもし応援していただける方いらっしゃいましたらご連絡お願いします。
(hanaさんありがとね、涙)

と、怒涛のごとく1日が終わってしまいました。
猫たん、往復6時間以上の運転どうもありがとう!!おつかれさまでした。
いつかこの池田のワンちゃんに素敵な施設が出来てワン達が楽しそうに
遊んでいるのを見ながらビールを飲める日を(←こればっか)楽しみにしつつ…
応援し続けるからね!!
スポンサーサイト
[ 2009/06/26 16:49 ] おこげ | TB(0) | CM(12)

真っ黒in伊豆高原②&天国旅行。 

伊豆高原2日目の朝もいつもどおり朝6時過ぎには起きてお散歩に
行きたいおこげ選手…

伊豆高原⑪

宿から出てちょこっと歩き回ると夜中に2回もトイレに行ったというのに当たり前のごとく
シッコ&ウ○チ。旅に出るとやけに快便だよね…まぁいいけど。

伊豆高原⑫

宿の前で記念撮影をするもなんとなくめりこみ気味のなおこげとおこげ…
全然関係ないんですが皆さんは写真を撮るときに「ハイ、チーズ!」とかって言いながら
撮るかと思うんですがどのタイミングでシャッターを押しますか…?
ちなみになおこげは「ハイ、チーズ!」の後、1秒くらい間があってカシャッ!
なんですけど(細けーな…)猫たんは「ハイ、チーズ!」の「ズ!」で押すんですよ…
これって普通…?なんか一呼吸もナシに押すのでいまいち納得がいかんのだけど…
これが普通なんでしょうか…。

伊豆高原⑬

そして足を拭いてもらいお部屋に戻ります。玄関脇にちゃんと足を洗う場所と
タオルが置いてあったのですっごい助かりました。
そして例の場所へ行くので今回も朝ご飯ナシでチェックアウト。
(おこげはバッチリ食べたけど…)
チェックアウトには時間があったけどどうしても伊東で買いたいモノがあったので
寄ってもらいまた伊豆高原へ戻るという猫たん的にはまったくもって納得のいかない
スケジュールで動きます。
でも時間的にはバッチリ。すぐにチェックインしてお部屋に通してもらいました。

伊豆高原⑭

今回は和洋室?に通してもらいました。どうせ早く泳ぎたいだろうということで
予約時間より早めに食事を持ってきてもらいました。

伊豆高原⑮

プールのある場所ということはまったく覚えていないらしく部屋に入るなり広がります。

伊豆高原⑯

ちょっとすると食事が運ばれてきました~、おこげ用鳥ささみも持ってきてくれたのですが
あっという間に完食したため写真ナシ。なおこげ達の食事はこんな感じ。
精進料理?みたいな感じです、前みたいにお鍋みたいのほしかった…
おこげも完全にまったりとしてしまい、このままではなおこげ達も寝てしまいそうだったのでとりあえずプールへ。わんわんパラダイスに着いた時は大雨だったのですが
プールに向かう時にはすっかり雨も上がりました、運のいいヤツめ…

伊豆高原⑰

プールに着くと先客がいました、フラットちゃんと黒ラブちゃん。
案の定おこげは人のおもちゃを奪う気まんまんでプールに飛び込みます…
順番に遊ぶんだよー!!と言っても言うこと一切聞かず、涙。
ちょっとするとフラットちゃん達はお昼の時間なのか撤収していきました。
…おこげがうざくてすいませんでした。この後は完全におこげの独壇場でした…。

伊豆高原⑱

泳いで…

伊豆高原⑲

泳いで…

伊豆高原⑳

泳ぎまくります…それは猫たんのサンダルじゃろ…。



途中何度も「少しは休憩しなさいよーーーーっ!!」と叱りとばすも完全無視。
1人プールに浸かり「休憩なら水の中でも出来るし。」といわんばかりの態度。
間違いなく水辺の動物だったんだね、おこげは…。

伊豆高原21

ふらふらになるまで泳ぎ続け半ば強制的に首をひっつかまえ撤収することに。
部屋に帰ると案の定疲れたのか眠りにつく気まんまん。
みんなで寝たら次起き上がる自信はまったくないのですぐさまわんわんパラダイスを
後にします、チェックアウトした瞬間また大降りに…良かったねおこげ!!

伊豆高原22

車に乗り込んだ瞬間撃沈。
時間もまだ早かったのでたまにゃー伊豆スカイラインとやらで帰りますかー!と
盛り上がる一行…しかしこの選択は激しく間違っていた…
このスカイライン山道をぐるぐる登っては下り、下りては登るというそれはそれは
乗り物酔いしやすい人にとっては拷問のような道…
完全になおこげは撃沈、気持ち悪くて眠るに眠れずどうしていいかわからん!
おこげは全然平気で寝続けるし、なおこげは色々体勢を変えてみるも何をやっても
気持ち悪いもんは気持ち悪い…
途中体勢を変えたときによろめき思いっきりシートのなんだかわからないレバーに
太ももを強打…家に帰って見てみたら信じられないくらいデカイ大アザになってた…

伊豆高原23

疲れきっているおこげは完全に眠りこけており、顔中の肉がなぜか中心に
集まってきてしまっております…年寄りのマントヒヒみたい…
最後が気持ち悪くてなんともいえない気持ちにはなったけど今回の旅もなんだか
あっという間…でもペンションも良かったしおこげも泳げてきっと満足してくれたはず!

伊豆高原24

次の日も疲れが取れないのか大股開きで寝まくるおこげ…
また行こうねーーーーーーー!!次はどこ行くかー!!

ということで毎度毎度の動画を…



何度見てもホントにお水がすきなんだなぁと感心します…


今回の続きを読むはおこげちゃんとはまったく関係のない話なので
興味のない方はスルーしてね!

[ 2009/06/08 14:00 ] おこげ | TB(0) | コメント(-)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。