スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

もりだくさんの日曜日。 

相変わらず不定期更新になりつつあるこのブログ…
毎日平凡でおだやかな日々を過ごしております。。

もり①

朝のお散歩ではお友達のジェニーちゃんブランディちゃんと遊んでもらっています。

もり②

なおこげからしてみたら何がおもしろいんだろうか…というようなつまらない枝の
取り合いもおこげ達にはおもしろいらしく。
枝の取り合いでなかなか勝てないおこげはみんなが飽きて放り出した後の枝を
咥えて持ち帰ることで満足しているようですが、その後ボリボリと食べてしまい
リバースして部屋の中が大変なことになってしまうこともしばしばです…

もり③

毎朝のおやつタイムでは、顔にどんなにヨダレがついてようと汚れていようと
この時だけは真剣なまなざし…

もり④

お友達ともだいぶガルルルとか脅しをかけずに仲良くできるようになりました…
たぶん、涙。

もり⑤

そして日曜日はおこげの大嫌いな病院へワクチンをうちに行ってきました。
いつもは目の前を通るワンやら人が気になりバウバウ言いまくるのですが
この日はほとんど吠えることがありませんでした。

もり⑥

「いやな予感がする…ここは来ちゃいけない場所だった気がする…涙」(おこげ)

おこげちゃんどうぞーーーー!とテラスから病院の中へと通されたのですが
またもや恥ずかしいくらいのビビリっぷり…シッポが完全にマタの間に入り
ソソソソ…と奥の部屋に入っていきます。

もり⑦

小さい診察台へ3人がかりでのせられます、もう緊張MAX状態。

もり⑧

「足の裏がウェッティですねぇ、笑」(先生)

緊張からか足の裏に汗をかきまくり診察台がべしょべしょに…
おこげは一刻も早く診察台から下りたいのに前回同様どうしてもオシリの穴を
見つけられない先生…穴にフタするがごとくシッポに力を込めるおこげと
なんとかシッポを持ち上げようとする先生との静かな戦いが延々と続きます…

「なんか暗いし黒い…」(先生)

とかいいながら上のライトをいったりきたりさせます…なんとか体温を計ることが
できたのですが緊張からか熱高め。

もり⑨

目や口の中もひととおり見てもらい、「耳が臭いんです」というなおこげの言葉に
やたらめったら丁寧に耳の中を見てくれた先生…この後またもや延々と耳の中の
掃除をしてくれ片耳に対し綿棒7,8本を使ってくれるという徹底ぷり。
この間おこげを押さえるために大人4人がかりでした…やっとこ耳掃除が終り
あー終わったーーーー帰れるーと思ったら、そういやワクチンがまだだった…

もり⑩

「ではちょっとお熱が高いみたいだけど興奮のせいだと思うのでワクチンうちます、
じゃあワクチン取ってきます。」(先生)

ってワクチンうちに来たのにまだ持ってきてなかったんかいっ!!!と本気で
ツッコミを入れそうになったなおこげと猫たん…おこげはもう限界らしく
ここを下りるんじゃいと診察台で仁王立ち…でも顔が微妙にビビり気味。
注射はあっという間に終りおこげもやっとこさ病院から解放されホッと一安心。

もり⑪

ホントはワクチンをうった後はおとなしくしてなきゃいけないんだけど…
おばあちゃんの調子がいまいちだと聞いていたのでおこげの元気玉を届けに
病院の帰りにおばあちゃんの家に寄ってもらいました。
大歓迎してもらいうれしくなったおこげは廊下によじのぼりおばさんとみっちゃんに
なでてなでてと迫ります。

もり⑫

しばらくなでてもらっていたのですが今回は突撃訪問だったのでブルーシートが
敷いておらずおばあちゃんのほうへ行けず…最初おこげを見ていたおばあですが
ウツラウツラし始めてしまいました。
するとみっちゃんに「おばあちゃん呼んでごらん」と言われたおこげ…
すぐに「グゥウゥゥ……ワンワンワンッ!!」と呼びかけはじめました。
野太い声に目を覚ましたおばあちゃん、思わず笑ってしまい「おこげーおこげー」と
呼んでくれました。
吠えろなんて教えたことがないのですごいねぇ…おこげすごいねぇとひたすら
みんなで感心していたのですが…きっと
「おこげ様が来てるんだから寝るんじゃないわよーっ!」って言ってたのかも…
次はちゃんとシート敷いてもらってそばに行ってなでてもらおうねーーー!!

もり⑬

そして「じゃあうちにも寄ってよ。」という猫たんの一言でその後おばあの家から
約5分の場所にある猫たんのおうちにもお邪魔しました。猫たんのおうちは
まだ新しくとてもおこげをつれてお邪魔することもなかなかできず…
なので前回から約2年ぶりで猫たん家へ。
微妙に覚えているのかドアが開いた瞬間に迷わず奥のリビングへと突撃、更に
当たり前のようにソファへ座ります。ソファで新聞を読んでいたところに
突然真っ黒いデカ犬が隣に座ったので猫たんのお父さん唖然としております…

もり⑭

お父さんとお母さんの間に挟まれゴキゲンのおこげ。
お母さんの顔をベロンベロンになめ回しヒーヒー言わせております。お父さんは
最初から最後までビビりまくりで苦笑いしながら後ろにのけぞっていました。

mori

おばあちゃんの家でも猫たんの家でも大歓迎をうけ帰り際には必ず
「またおいでねーーー!」と言ってもらえて大満足の様子。病院はいやだったけど
この日はいっぱいいろんなところへ行けたし、いっぱいなでてもらえてよかったね!

しかしこの後おこげがお邪魔した後各家のお掃除が大変だったと聞いております…
でもまたまた突撃訪問しちゃうからねー!!


スポンサーサイト
[ 2009/02/25 15:56 ] おこげ | TB(0) | CM(12)

これは2月中に起こった話である。(24風) 

大げさなタイトルとはまったく関係なくだらだらと2月を過ごしています。
……さぼりつづけてはいますがみんな元気にしています!

だら①

最近暖かい日が続いているからか、おこげの顔が大変なことになってしまう
確率が非常に高く…

だら②

……。

だら③

ここまでひどくなるとさすがにタオルで拭くのですが。
もしおこげが1人暮らしとして…んなわきゃーないけども。鏡を見たり
顔を洗ったりする習慣もないとしたら…(ないけど)このヨダレ達最終的には
どうなるんでしょうか…いずれカピカピになってポロッと剥がれたりするのかしら…。
その前にさすがに顔周りに違和感を感じて猫みたいに顔こすってみたりとか?
行く末を知りたくもあるけどそこまで我慢できるわけ……ないな。

だら④

そういえば先週痛い流血事件がありました。被害者はなおこげ母…。
土曜の夜は飲みに行くと決めているなおこげに合わせていつもの時間よりも
早めにお散歩に行きました。そろそろ帰ろうかというときに子供2人が
1匹のワンちゃんを連れてお散歩に公園に入ってきました。

だら⑤

2回ほどトレーナーさんについた後、他のワンを見ても吠えなくなったおこげ。
いい調子なので子供が何の気なしにしてもそのワンをおこげの近くに出さないと
いいなぁと思っていたのですが…
子供2人はブランコに夢中でそのワンを離してしまっていました。
おこげもなるべくそのワンを見ないように見ないようにしていたのですがもうすぐで
公園を出ようというときにそのワンが吠えながら一直線におこげのほうへ。

だら⑥

ビックリしたおこげですが吠え返したりするわけでもなくなおこげに引きずられ
そのまま外へ出ようとしたのですがとにかくそのワンがしつこくなおこげ母が
間に入り阻止しても回り込んで入ってきます。
その時…

「いたーーーーーーーーーーーーっ!!」(なおこげ母)

おこげの首あたりを押さえようとしたなおこげ母の手に運悪くおこげの歯が
当たってしまったらしく大量出血。子供達はというとおこげのデカさに
ひきまくっているのか自分のワンを引き離すことすらできず…
なんとかおこげが公園を出ることでやっとワンを連れ去ってくれました。
あのままたとえばなおこげが1人しかいなくて引き離せなかったら大変なことに
なっていたかもと思うと…ちとゾッとしました。
おこげは自分の意思とは無関係になおこげ母がケガをしてしまったからか
心配でしょうがないらしく洗面所で血を洗い流し続けるなおこげ母にビッタリと
張り付いていました。かなり痛い思いをしたなおこげ母はただいま一枚100円
以上する絆創膏で治療中でございます…。

だら⑦

そして日曜日には久しぶりにハッピーちゃんに会えました!
相変わらず体重差のある2匹…いやいやながらもオスワリしてパチリ。
この後ハッピー家はお友達と御殿場のアウトレットに行ったんだとか…
いいなーっ、なおこげも行きたいーーーーーーっ!!
暖かくなったらまたお散歩で会えるようになるねー、そんでまたBBQやろーね!

今日の動画は「おこげの耳掃除~念入りバージョン~」です。
最後に足がカカカカッてなっちゃいます。








[ 2009/02/16 15:10 ] おこげ | TB(0) | CM(12)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。